英語学習しなきゃ、でも何からやればいい?そんな時はTOEIC!

  • URLをコピーしました!

「英語学習しないといけない!けど何からやればいいの?」

今はいろいろな英語学習法が提案されていて、初心者にとっては何から手を付ければよいのか、結局よく分かりませんよね。

あなたが英語を学習する目的に合った勉強法が大事ですが、実際は明確な目的がないことも多いです。

迷った時は、TOEICスコアアップ学習から始めておけば、あとで無駄になることもなく間違いないです。

この記事では、独学で英語学習を始める方向けに、TOEICスコアアップ学習やそのメリット、注意点について解説します。

僕自身の英語学習もTOEICスコアアップ学習から始まり、そこから英語習得や留学に繋がっています。

これから独学で英語学習を始める人や、何から始めればいいか悩んでいる人は、ぜひ参考にしてくださいね。

この記事を書いた人
  • 英語で海外相手にビジネスするJTC開発職サラリーマン
  • 社畜生活で不眠症を経験、自分を変えるべく英語学習を開始
  • 純ジャパ・海外経験なしでも国内で英語を習得、TOEIC950点
  • ドイツに研究留学しPh.D.取得、2024年から海外駐在(予定)
  • 英語でキャリアを切り開く人を増やしたい!
目次

まずは学習目的を決めよう、でも決まらなくても大丈夫

これから英語学習を始めるというあなたに覚えておいて欲しいこと、それは「学習目的がとても重要」ということです。

なぜなら、あなたの学習目的によって、最適な学習メニューが変わるからです。

例えば、履歴書に英語の実績を載せたいのであれば、TOEICのスコアアップ学習をすれば良いですし、留学したいのであれば、TOEFLやIELTSのスコアアップ学習をするのが良いです。

あなたが英語学習をする目的は何か?をしっかり考えて決めておきましょう。

でもとりあえず英語勉強しなきゃっていうだけで
目的って正直今はないな…

という人もいると思いますが、最初はそれでも問題ありません。

「いずれ目的をしっかり決めよう」という意識をもって、次に解説するTOEIC学習を始めるのをおススメします。

目的に迷ったらTOEIC学習をおススメする理由

TOEIC(Test of English for International Communication)は、日本では英検と並ぶ非常に有名な英語試験で、受検者数年間200万人以上とも言われています。

英語学習のはっきりとした目的がない場合は、まずはこのTOEICのスコアアップ学習をおススメします。

その理由は、次の4つです。

迷ったらまずTOEICスコアアップ学習をおススメする理由
  1. 実践的な英語を学べるから
  2. 勉強時間が点数に直結するから
  3. 教材や学習情報が豊富にあるから
  4. 学習仲間が多いから

実践的な英語を学べるから

迷ったらまずTOEICをおススメする理由の1つ目は、「実践的な英語を学べるから」です。

TOEICのテスト問題は、オフィス(ビジネス)や日常生活など実践的な場面から多く出題されます。

TOEICスコアアップ対策に欠かせない単語学習も、実際の生活で使われる単語を中心に学ぶことになります。

ですので、TOEICスコアアップ対策をすることで、実生活でも使える英語を学ぶことができるのです。

勉強時間が点数に直結するから

迷ったらまずTOEICをおススメする理由の2つ目は、「勉強時間が点数に直結するから」です。

TOEIC学習時間とスコアアップの目安を表す、下の表をご覧ください。

出典:Oxford University Press『A Teacher’s Guide to TOEIC® Listening and Reading Test Preparing Your Students for Success』P.6

縦方向のCurrent Scoreがあなたの今のスコアを、横方向のTarget Scoreがあなたの目標スコアを表し、その交点のセルに書かれた数字が、あなたの今のスコアから目標スコアまでの到達に必要な学習時間の目安となります。

スコアによりますが、だいたい200~250時間で100点アップできることがわかります。(より高スコアになると所要時間が長くなる傾向ですね)

いずれにしても、勉強時間が点数に直結するので、効果が目に見えやすくやる気が出やすいことは間違いありません。

教材や学習情報が豊富にあるから

迷ったらまずTOEICをおススメする理由の3つ目は、「教材や学習情報が豊富にあるから」です。

書店に行くとTOEIC対策の教材が多く取り揃えられていますし、インターネット検索やYouTubeでも、TOEIC攻略に関する様々な情報を入手できます。

頻出単語集など、痒い所に手が届くような教材が豊富にあり、学習環境が整っています。

学習仲間が多いから

迷ったらまずTOEICをおススメする理由の4つ目は、「学習仲間が多いから」です。

あなたの周りにもTOEIC学習を頑張る人がいるかもしれませんし、Twitterでも日々のTOEIC学習の状況やスコアを開示している学習者が多いです。

一緒に頑張る仲間が多くいると、頑張って続けられますよね。

TOEICスコアアップするメリット

TOEICスコアアップ学習は、英語力アップだけでなく、実際にスコアが上がることによるメリットも期待できます。

TOEICの得点が高い=英語力があると認識されることが多いので、例えば次のようなメリットに繋がります。

TOEICスコアアップする3つのメリット
  1. 就職や転職で有利に働く
  2. 年収アップが見込める
  3. 海外関連の仕事ができる

就職や転職で有利に働く

TOEICスコアアップするメリットの1つ目は、「就職や転職で有利に働く」です。

特に国内の日系企業では、採用や昇進における英語力の指標としてTOEICスコアが今でもよく使われています。

TOEICスコアアップ学習をして高得点を取ると、就職活動や転職、昇進で有利に働きます。

年収アップが見込める

TOEICスコアアップするメリットの2つ目は、「年収アップが見込める」です。

バイリンガル向け転職サイト「Daijob.com」登録者の英語力と、企業からのスカウトのデータを基に、英語力が年収・キャリアに与える影響について調査した結果(⇒詳しくはこちら)では、以下のように報告されています。

・企業からスカウトを受けた登録者の76%が、英語レベルが「ビジネス会話以上」(TOEIC 735点以上)
・企業からスカウトを受けた人材は、男女ともすべての年代で英語力の高さに年収が連動している
・男性の50代で、英語レベルが「ビジネス会話以上」と「日常会話以下」(TOEIC 730点以下)では年収280万円の差
・男性の30・40代、女性の50代も年収で100万円以上の差

TOEICスコアが高く、英語レベルがビジネス会話以上になることで、年収アップが見込めることがわかりますね。

TOEICスコアアップ学習を頑張ると、転職市場でのあなたの価値が上がり、年収アップに繋がるのです。

海外関連の仕事ができる

TOEICスコアアップするメリットの3つ目は、「海外関連の仕事ができる」です。

僕自身も、TOEICの得点が高い(=英語力がある)ことを理由に、海外関連の仕事を担当させてもらえるようになりました。

海外関連の仕事を任せてもらえると、なんかカッコよく見える気がしませんか?笑

また何より、仕事で英語を使うようになり、仕事しながら学べるという好循環が生まれます

注意点:TOEICスコアアップだけを目的にしないように

TOEICは、学習した時間分だけ点数が上がっていくので、より高スコアを目指したくなってしまいます。

残念ながら、TOEICスコアアップだけを目的に学習者している人がとても多いのが現状です。

TOEICは、必ずしも満点を目指す必要はありません。

あなたの英語学習の目的に合わせて、TOEICはその指標(マイルストーン)として使うべきなのです。

TOEICはある程度の点数が取れたら、英語の基礎ができてきたことになるので、更に高得点を目指す前に一度立ち止まって、次のように考えましょう。

英語の基礎ができたら…TOEIC満点を目指す前に考えてほしいこと

英語学習の明確な目的を持っている人(例:「英語でビジネスできるようになること」)
 →英語の基礎が身に付いた以降は、オンライン英会話のような実践形式の練習を取り入れることをおススメします。
  オンライン英会話でTOEICスコアも伸びますよ!(⇒詳しくはこちら

・英語学習の明確な目的を持っていない人(とりあえずTOEIC学習を始めた人)
 →英語の基礎が身に付いたタイミングで一度立ち止まり、英語学習の目的をしっかり定める時間を取りましょう。

まとめ:TOEICで基礎を固めて、実践練習に進もう

今回は、英語学習の始め方としてのTOEICスコアアップ学習について解説しました。

まずは、あなたが英語学習をする目的をしっかり考えて決めておくことが大事です。

もし明確な目的がない場合はTOEICスコアアップ学習から始めるのがおススメですが、いつのまにかTOEICスコアアップそのものが目的にならないよう、気を付けてくださいね。

なお僕はこのブログで、TOEICスコアもうまく使いながら理想の会社員キャリアを掴んでいく「英語系会社員2.0」という生き方を発信しています。

次の記事で、英語系会社員2.0についてより詳しく解説しているので、英語を自分の武器にして自分のならではのキャリアを歩みたい人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次